美容師、理容師の独立。一人でやって失敗しました。儲かるって聞いてたのに。

って人多すぎ。

つりみたいなタイトルすんません笑笑

 

店舗経営って勝つためのルールがあって、そのルール、原則も知らずにに戦おうとしてるサロンが多すぎ。

 

うちの店の名前を知ってもらうきっかけになったLAYRITEのバーバーバトル

 

KINGSMAN TOKYO BARBERSHOPは客単価5000円の三台席のうちの店平日も土日祝日も、1週間くらい予約で満席です。
第一線でバンバン入客してるのは1年目と2年目。
一人当たり生産100万で、リピート率平均85%。
嘘やと思ったら、予約とって髪切りに来てください。

でもたまたまじゃなくて、戦略的にやってる。

 

もー難しい話。。。

僕ら髪の毛ばっか切ってるし活字アレルギーやし、もうしんどいわーって人。

独立するなら、ちょっとは勉強せなやばいすよ。

日本でめっちゃ髪きるのうまかったら、日本で一番狙い通りの髪色に染められたら、日本で一番儲かる店が作れるわけない。

その勝つためのルール、経営の 3分の2は江戸時代から変わらない。
って言われてます。

3分の 1は時代と共に変わるけどね。
10年前に儲かったビジネスモデルにしがみついて、革新を起こしてなかったら、売り上げさがる。
あたりまえ。
10年前にこんなにLINE使ってたりとか、SNSが集客のかなり重要な部分をになってるなんてだれも予想してない。

偉そうにすんません。

んなら勝つためのルール原則ってなんですかーってこと、ですよね。

また明日続き載せまーす。